スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Web拍手
  • Google+
  • はてなブックマークに追加
  • twitterにつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • RSSに追加

ファイルを強制削除・移動できるフリーソフト「Unlocker」

Unlocker.png

たまにファイルを削除しようとすると「削除できません。ほかの人またはプログラムによって使用されています。ファイルを使用している可能性があるプログラムをすべて閉じてから、やり直してください(WindowsXPの場合)」と表示され、削除できない時ってありませんか?

Unlocker0.png

そんな時はいちいちプログラムを閉じてファイルを削除しないと削除できませんが、「Unlocker」を使えばプログラムを閉じずに強制的にファイルを削除することができます。

削除だけではなく、プログラムがファイルをロックしている状態を解除することができるので通常通りにファイルの操作ができます。

よくExplorerが勝手に画像や動画などにアクセスしていてファイルの操作ができない時がありますが、そんな時にかなり使えます(´∀`)ノ

Unlockerの使い方

(1)まず、Unlockerをインストールします。

インストール画面でコンポーネントを選ぶ画面では、「右クリックメニューを追加する」にチェックを入れれば、右クリックから通常の機能を使用でき、「アシスタント」にチェックを入れれば、Unlockerアシスタントがインストールされます。Unlockerアシスタントとは、ファイルがロックされていてファイル操作ができない時に自動でUnlockerが開き、ロックの解除ができるソフトのことです。

個人的には、Unlockerアシスタントは必要ないと思います。

Unlocker2.png

(2)あとは、ファイルがプログラムによってロックされていてファイルの操作ができない時に、そのファイル上で右クリック→「Unlocker」をクリックします。Unlockerアシスタントをインストールしている場合はこの作業を自動でしてくれます。

Unlocker3.png

すると、ファイルをロックしているプログラム一覧が表示されます。「プロセス停止」でプログラムを停止することができ、「ロック解除」「全ロック解除」ではプログラムを停止せず、ファイルへのロックのみを解除することができます。

あと、左下のプルダウンメニューでロック解除後のファイルの処理方法を指定できます。

Unlocker1.png

  • Web拍手
  • Google+
  • はてなブックマークに追加
  • twitterにつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • RSSに追加

    コメントの投稿



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。