スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Web拍手
  • Google+
  • はてなブックマークに追加
  • twitterにつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • RSSに追加

簡単にウェブサイトに自動ログインできるIE・Firefox・Chrome・Safari・Operaの拡張機能「LastPass」

LastPass.png

LastPass」とは、ログインが必要なウェブサービスやサイトのIDやパスワードをオンラインで保存・管理してくれて、自動ログインもできるようにしてくれるIE・Firefox・Chrome・Safari・Operaの拡張機能。

オンラインでパスワードを管理できるので、LastPassをインストールしたパソコンどうしで、IDとパスワードを簡単に同期することができる。一度IDとパスワードを保存すれば、面倒なログインを自動でしてくれるので大変便利(゚∀゚)ノ

LastPassのアカウント作成

(1)自分のブラウザにあったLastPassをインストールする。

(2)ここからは、LastPassのGoogle Chrome拡張機能でのアカウント作成方法を説明します。他のブラウザでもほぼ同じなので参考になればと思います。

LastPassをインストールすると、メニューバーの右にLastPassのアイコンが表示されます↓。

LastPass1.png

(3)LastPassアイコンをクリックします。「LastPassへようこそ!」というページが出ると思うので、「アカウント作成」ボタンを押して、アカウントを作成していきます。

LastPass22.png

それでは、メールアドレス、マスターパスワード、パスワードリマインダー(パスワードを忘れたときに登録したメールアドレスに送信されるヒント)を入力し、下の項目で同意できるものにチェックを入れて、「アカウントを作成」をクリックしてアカウントを作成します。

LastPass33.png

(4)次にデータのインポートやフォームの自動記入などの情報を入力するウインドウが表示されるのでインポートやフォームの自動記入の設定をしたい場合は画面の指示にしたがって設定します。

Lastpassの使い方

(1)ここでは、Chromeでの使い方を例に説明します。

まず、Chromeを起動したらメニューバーの右の「LastPass」アイコンをクリックします。すると、LastPassログイン画面が表示されるので、登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインします。

LastPass4.png

これで、LastPassにログインしておけば、LastPassに登録されたウェブサイトに自動でログインすることができます。

(2)LastPassにIDとパスワードを登録する方法ですが、一度自動認証したいウェブサイトで普通にログインします。ここでは、YAHOO!にログインしてみました。

LastPass55.png

ログインした次の画面の上部に「LastPassにこのパスワードを記憶しますか?」と表示されると思うので「サイトを保存」をクリックする。

LastPass6.png

ID・パスワード登録画面が開きます。「自動ログイン」にチェックを入れると登録したウェブサイトに自動でログインしてくれます。内容を確認して、「保存」ボタンをクリックすればID・パスワードが保存されます。

LastPass7.png

  • Web拍手
  • Google+
  • はてなブックマークに追加
  • twitterにつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • RSSに追加

    コメントの投稿



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。