スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Web拍手
  • Google+
  • はてなブックマークに追加
  • twitterにつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • RSSに追加

鏡面反射にも対応したスタイリッシュなMac風ドックランチャー「ObjectDock 2」

ObjectDock9.jpg

ObjectDockを昔使ってたけど、いつの間にか鏡面反射に対応していたり設定画面も変わりかなりいい感じです。ObjectDockは、Stardock社が開発していてとても安定していて動作も軽いです。

他に、タブ機能などが使える有料版のObjectDock Plusがありますが、ここでは無料版のObjectDockを紹介します(゚∀゚∩

Objectdocks.jpg

ObjectDockに似たソフト

ObjectDockの日本語化方法

(1)まず、フリーソフトの活用さんから「ObjectDock 2日本語言語ファイル」ダウンロードして解凍します。

(2)解凍してでてきた「japanese.lng」を「C:\Program Files\Stardock\ObjectDockFree\Lang(デフォルトでインストールした場合)」にコピーします。

(3)続いて解凍してでてきた「lang.ini」を「C:\Documents and Settings\ユーザーネーム\Local Settings\Application Data\Stardock\ObjectDock」にあるlang.iniに上書きします。

そして、ObjectDockを起動します。これである程度の部分が日本語化されたと思います。

ObjectDockの簡単な使い方

ObjectDockにアプリケーションやファイルなどをドラッグ&ドロップすることで登録することができます。削除したい時は削除したいアイコン上で右クリック→「アイコン削除」で削除することができます。

また、アイコン上で右クリック→「設定」→「このアイコンのカスタマイズ」でアイコン選択画面が開き、アイコンを変えられます。

ここで、アドレスバーの右側の「」をクリック→「Add folder to library」をクリックして、アイコンを選ぶとそのアイコンがあるフォルダが右側のリストに登録され、他のアイコンを変える時にとても便利です。

ObjectDock2u.png

Docklet(拡張機能)の追加方法

(1)deviantARTなどで追加したいドックレットを探し、ダウンロードして解凍します。

(2)そのドックレットをフォルダごと「C:\Program Files\Stardock\ObjectDockFree\Docklets」にコピーします。

(3)ドック上で右クリック→「設定」→「追加」→「ドックレット」→「追加したいドックレット」を選択すると、ドックレットが追加されます。

※この方法で追加できなかったり、動作がおかしい時などは、そのドックレットの「readme」などを見て追加しましょう。

お勧めのDocklet(拡張機能)

お勧めのDockletについては、こちらにまとめましたのでこちらをご覧ください。

StackDocklet2.0

スタックを追加できるドックレットで、画像はサムネイルで表示してくれます。ファン表示です。

StackDocklet2ba.jpg

グリッド表示です。サムネイルやアイコンの大きさが変えられます。

StackDocklet2as.jpg

  • Web拍手
  • Google+
  • はてなブックマークに追加
  • twitterにつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • RSSに追加

    コメントの投稿



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。