スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Web拍手
  • Google+
  • はてなブックマークに追加
  • twitterにつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • RSSに追加

自分のブログをAutopagerize、AutoPatchWorkに対応する方法。

なんとなく管理人は自分のブログをAutopagerizeに対応しようと思った(゚д゚)とりあえずググってみたらSITEINFOがなくてもAutopagerizeに対応できる方法を見つけたので対応できた。

今回は、

を参考に自分のブログを対応させることができた。あとついでにChromeのAutoPatchWorkも対応させた(というかほぼ同じ)。下に対応の仕方を書いときます(・з・)ノ

AutopagerizeとAutoPatchWorkに対応させる方法

それでは、対応させるのに必要な情報を確認した。

AutoPagerizeの作者さんのサイトに

  • link要素またはa要素でrel="next" (複数あった場合は、先に現れるものが選ばれます)
  • classでautopagerize_insert_before (複数あった場合は、先に現れるものが選ばれます)
    • 追記 2008/05/15 けっこう前からなくても大丈夫になってます。
    • ない場合、最後のautopagerize_page_elementの後ろに入ります。
  • classでautopagerize_page_element (複数指定可、指定したもの全てが挿入されます)

※注意、link要素だけに「rel="next"」を追加すると、AutoPatchWorkでは2ページ以降から機能しなくなるので、ここは、a要素に「rel="next"」を追加します。link要素とa要素にどちらも追加してもいいです。

この所だけを気をつければAutoPagerizeとAutoPatchWorkに対応させることができます。

それでは、AutoPagerizeの作者さんのサイトのマークアップの例を参考にHTMLを編集して対応させます。

<html>
<body>
<div class="autopagerize_page_element">
<div>foo foo foo</div>
<div>foo foo foo</div>
<div>foo foo foo</div>
<div>foo foo foo</div>
<div>foo foo foo</div>
</div>
<div><a href="ap_micro2.html" rel="next">next</a></div>

<div class="autopagerize_insert_before">footer</div>
</body>
</html>

※autopagerize_insert_beforeは、作者さんのサイトにも書いてありますが、今は追加しなくてもいいようです。

まとめ

簡単にまとめると、autopagerさせたいdiv要素にclassで「autopagerize_page_element」を追加し、次のページなどのリンクに「rel="next"」を追加するだけで対応できます。

  • Web拍手
  • Google+
  • はてなブックマークに追加
  • twitterにつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • RSSに追加

  1. 中井悠詞:2011/01/11/18:43
    AutopagerizeとAutoPatchWorkにブログを対応させるにあたって、SOFT LOG様のこの記事を参考し、トラックバックを送らせていただきました。今回はありがとうございました。
  2. 管理人:2011/01/11/20:43
    トラバとコメント有難うございます(´∀`)
    この記事が少しでも役に立てたみたいでうれしいです。
    またの機会がありましたらお気軽にお越しください。

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。