スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Web拍手
  • Google+
  • はてなブックマークに追加
  • twitterにつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • RSSに追加

「FolderSync Lite」 日本語にも対応したAndroidの無料ファイル同期アプリ

FolderSyncLite.jpg

FolderSync Liteとは、AndroidとDropbox・SkyDrive・GoogleDriveなどのオンラインストレージを同期することができるAndroidアプリ。いつの間にか日本語に対応していて使いやすくなった。

一度設定をしてしまえば簡単にオンラインストレージと自動同期できるので便利。

ファイルマネージャ機能もあり基本的なファイルの操作ができる。対応しているオンラインストレージは、Dropbox、Box.net、SkyDrive、Google Docs、Amazon S3、SugarSync、Ubuntu One、LiveDrive、HiDrive、NetDocuments。

ウィジェットやショートカットからワンクリックで同期することができるので便利(´∀`∩

FloderSync Liteの使い方

(1)AndroidにFloderSync Liteをインストールします。

FloderSync Liteを起動し、ライセンス画面が表示されるので、「同意する」をタップして同意します。

メインの画面が表示されます。

※ここで英語表示の場合は、「Settings」→Languaeの「English(en)」のところを「日本(ja)」で日本語に変更できます。

FolderSyncLite0.jpg

ファイルマネージャ」では簡単な操作ができ、「同期ステータス」では、同期のログを確認することができます。「アカウント」、「Folderpairs(同期フォルダの設定)」、「設定」では、各種設定ができます。

(2)メイン画面→「アカウント」をタップして、オンラインストレージなどのアカウントを登録していきます。

FolderSyncLite2.jpg

下のバーの雲ボタンをタップし、登録したいオンラインストレージをタップします。

アカウントの追加画面が表示されるので「名前」のところに適当な名前を入力し、ログインの「アクセスを検証」をクリックし、アカウントにログインし、「ログインに成功」と表示されたら右上のフロッピーボタンをタップし設定を保存します。

これでアカウントが追加できました。

(3)続いて、Androidとオンラインストレージの同期するフォルダの設定をします。

メイン画面→「Folderpairs」をタップ、下のバーの「プラスマーク」をタップし、同期するフォルダの設定をします。

FolderSyncLite3.jpg

設定の名前を入力し、アカウントを選択、「リモートフォルダ(オンラインストレージ側のフォルダ)」、「ローカルフォルダ(Android側の同期するフォルダ)」、「同期タイプ」を設定します。

同期タイプは、「双方向き同期」を選択すればAndroid側、オンラインストレージ側のどちらからのファイルの変更も同期することができる。

※自動同期したい場合は、下の項目のスケジュールの「スケジュールされた同期を使用」にチェックを入れ、同期の間隔を設定できます。

他にも細かい設定ができるのでお好みに設定してください。そして、設定が終わったら右上の「フロッピーアイコン」をタップして設定を保存します。

これで設定は終わりです。自動同期の設定をしている場合は、設定した間隔で同期されます。

FolderSyncLite4.jpg

手動で同期したい場合は、FolderSyncLiteからもできますが、ホーム画面などにウィジェットを設置してウィジェットから更新すると便利です。

  • Web拍手
  • Google+
  • はてなブックマークに追加
  • twitterにつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • RSSに追加

    コメントの投稿



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。