スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Web拍手
  • Google+
  • はてなブックマークに追加
  • twitterにつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • RSSに追加

Ctrlを押しながらテキスト選択するだけで自動翻訳してくれるChrome拡張機能「Auto-Translate」

Auto-Translateとは、Ctrlキーを押しながらテキストを選択するだけでその場で自動翻訳してくれるChrome拡張機能。

初期設定は「Ctrlキー」に設定されているが他のキーにも変更でき、キーごとに異なる外国語に翻訳することも可能。選択部分が瞬時に翻訳されるのでちょっとしたテキストを翻訳するときにとても便利だと思う(・∀・)

Auto-Translate.png

Auto-Translateの使い方

(1)Auto-TranslateをChromeにインストールします。

(2)Ctrlキーを押しながら、テキストを選択します。すると、すぐに翻訳された内容がポップアップで表示されます。こんな感じで簡単に翻訳することができます。

次に、設定画面の説明をします。「Hotkeys」のところで、キーを変更したりキーを組み合わせたりできます。

Languages configuration」の「From」で翻訳したい言語(Auto-detect language(自動検出)でOKだと思う)を選択し、「First」に翻訳する言語を選択します。また、「Second」には、Firstで選択した言語を選択したときに翻訳する言語を選択します。

最後に設定が終わったら「Save」を押して設定を保存します。

Auto-Translate0.png

  • Web拍手
  • Google+
  • はてなブックマークに追加
  • twitterにつぶやく
  • Facebookでシェアする
  • RSSに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。